螺旋魚道

開放特許情報番号
L2011005830
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願2008-138401
出願日 2008/5/27
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2009-287208
公開日 2009/12/10
発明の名称 螺旋魚道
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 水田、水路、螺旋魚道
目的 広い設置スペースを必要とせず、簡単に設置することのできる、新規の螺旋魚道の提供。
効果 この技術の螺旋魚道によれば、円筒状の外枠とこの外枠の中心軸上に設けられた支柱軸との間に、上面が扇形状に開口した容器状に形成された複数のユニットを螺旋階段状に連接したものであり、広い設置スペースを必要とせず、簡単に設置することができる。
技術概要
この技術では、螺旋魚道は、円筒状の外枠とこの外枠の中心軸上に設けられた支柱軸との間に、上面が扇形状に開口した容器状に形成された複数のユニットを螺旋階段状に連接したことを特徴とする。また、支持軸に係止可能な係止手段をユニットに設ける。さらに、ユニットを所定数ごとに一体に固定する。具体的には、円筒状の複数の外枠ユニットを積み上げて構成されている。そして、外枠ユニットの数を調整することによって、外枠の高さを調整できるようになっている。なお、これら外枠ユニットは、コンクリートや樹脂などにより形成されている。外枠ユニットは、台座の上に載置されている。また、外枠の中心軸上には支柱軸が設けられ、支柱軸は台座の中央に固定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT