マイクロカプセル及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011005827
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願2007-542294
出願日 2006/10/5
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 WO2007/052436
公開日 2007/5/10
登録番号 特許第4734661号
特許権者 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 マイクロカプセル及びその製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 化粧料、マイクロカプセル
目的 皮膚に塗布した際に、有効成分を徐放する速度をコントロールすることのできる、新規のマイクロカプセル及びその製造方法の提供。
効果 この技術のマイクロカプセルは、有効成分と、ポリイソプロピルアクリルアミドとを含有することで、皮膚の温度や水分の環境変化の条件に応じて、温度応答性のあるポリイソプロピルアクリルアミドにより、有効成分の徐放性をコントロールすることができる。
技術概要
この技術では、マイクロカプセルは、有効成分と、ポリイソプロピルアクリルアミドと、メチルセルロースとをマトリックスとしての非水溶性エチルセルロースに内包し、メチルセルロースの含有質量がポリイソプロピルアクリルアミドの含有質量の2倍以下であるものとする。また、有効成分として、ハイドロキノン,ポリフェノール,コラーゲン,コエンザイムQ10,グルカン,カテキンのうちの少なくとも1つを含むことが好ましい。化粧料は、有効成分と、ポリイソプロピルアクリルアミドと、メチルセルロースとをマトリックスとしての非水溶性エチルセルロースに内包し、メチルセルロースの含有質量がポリイソプロピルアクリルアミドの含有質量の2倍以下であるマイクロカプセルを含有することを特徴とする。また、マイクロカプセルは、有効成分として、ハイドロキノン,ポリフェノール,コラーゲン,コエンザイムQ10,グルカン,カテキンのうちの少なくとも1つを含むことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT