エレクトロルミネッセンス蛍光体

開放特許情報番号
L2011005812
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願2006-210226
出願日 2006/8/1
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2008-037899
公開日 2008/2/21
発明の名称 エレクトロルミネッセンス蛍光体
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 エレクトロルミネッセンス蛍光体
目的 化学的に安定であって、高輝度で発光する、新規のエレクトロルミネッセンス蛍光体の提供。
効果 化学的に安定であって、高輝度で発光する、新規のエレクトロルミネッセンス蛍光体を提供することができる。
技術概要
 
この技術では、エレクトロルミネッセンス蛍光体は、一般式:(ZnO)↓(1−x)(GaN)↓x(0<x<1)で表される母体に賦活剤としてMnを含有するものとする。このエレクトロルミネッセンス蛍光体において、0.60≦x≦0.85であることが好ましい。また、Mnの濃度が1モル%以上であることが好ましい。このエレクトロルミネッセンス(EL)蛍光体は、通常の固相法によって得ることができる。すなわち、ZnO、Ga↓2O↓3、MnOを混合し、NH↓3雰囲気下で焼成することで得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT