限流器及びこれを用いた電力システム

開放特許情報番号
L2011005796
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願2001-078514
出願日 2001/3/19
出願人 新潟大学長
公開番号 特開2002-281661
公開日 2002/9/27
登録番号 特許第3551316号
特許権者 国立大学法人新潟大学
発明の名称 限流器及びこれを用いた電力システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 限流器、電力システム、送配電系統、交流電力系統
目的 巨大な事故電流による急激な電流増加を効果的に抑制することができるとともに、大きなバイアス電流を必要とすることなく、目的とする電力を電力負荷体に負荷することのできる限流器、及びこれを用いた電力システムの提供。
効果 巨大な事故電流による急激な電流増加を効果的に抑制することができるとともに、大きなバイアス電流を必要とすることなく、目的とする電力を電力負荷体に負荷することのできる限流器、及びこれを用いた電力システムを提供することができる。
技術概要
この技術では、限流器は、整流性を有する複数の半導体素子と、コイルと、直流バイアス電源とを具え、複数の半導体素子、コイル、及び直流バイアス電源は、整流回路を構成するとともに、コイル及び直流バイアス電源は、整流回路中において並列に接続されているものとする。また、直流バイアス電源を、複数の半導体素子の少なくとも一つと直列に接続し、出力側からの逆電流が直流バイアス電源に流入するのを阻止するように構成する。さらに、限流器と、交流電源とを含む電力システムを提供する。具体的には、交流電源と、本技術に従った限流器と、所定の電力を負荷すべき電力負荷体とが設けられている。限流器は、整流性を有する半導体素子としてダイオードと、例えば超電導材料から構成されるコイルと、バイアス直流電源とを具えている。ダイオードは、それぞれ直列に接続されて直列回路部を構成している。また、ダイオード及び直流バイアス電源とは直列に接続されて直列回路部を構成している。そして、これらの直列回路部が並列に接続されることにより整流回路を構成している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT