標本および標本作製方法

開放特許情報番号
L2011005794
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願2010-247566
出願日 2010/11/4
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2011-099855
公開日 2011/5/19
発明の名称 標本および標本作製方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 標本作製方法、標本管理システム
目的 管理が容易で、保存場所を簡易かつ迅速に特定することができる、標本管理システムによる管理に適した標本の提供。
効果 この技術に係る標本は、標本の管理が容易で、標本の保存場所を簡易かつ迅速に特定することができるという優れた効果を有する。
技術概要
この技術では、患者から採取された生標本を固定して得られた固定標本から作製されたパラフィンブロック標本と、生標本を急速凍結して得られた新鮮凍結生標本と、を有し、パラフィンブロック標本及び新鮮凍結生標本は、互いを関連付ける関連情報が付与されているものとする。また、患者から採取された生標本を固定して得られた固定標本から作製されたパラフィンブロック標本から作製された光学顕微鏡標本と、生標本を急速凍結して得られた新鮮凍結生標本と、を有し、パラフィンブロック標本、光学顕微鏡標本及び新鮮凍結生標本は、互いを関連付ける関連情報が付与されているものとする。関連情報は、生標本に関する情報であって少なくとも患者の疾病情報および個人情報を含む標本情報の一部又は全部と生標本に割り当てられた標本番号とを含む。関連情報は、1次元バーコードラベル、2次元バーコードラベル、またはICタグを用いて付与されているものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT