コンクリート系建設材料のリサイクル方法

開放特許情報番号
L2011005786
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願平10-300813
出願日 1998/10/22
出願人 新潟大学長
公開番号 特開2000-128595
公開日 2000/5/9
登録番号 特許第3362179号
特許権者 国立大学法人新潟大学
発明の名称 コンクリート系建設材料のリサイクル方法
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 コンクリート構造物、再生骨材、コンクリート系建設材料、リサイクル
目的 再生して得られた再生骨材を利用して新たなコンクリート構造物を構築することによるコンクリート系建設材料のリサイクル方法の提供。
効果 骨材を再生して1回乃至複数回、例えば2−3回再利用することが可能となり、再生骨材の再利用の範囲を拡大するとともに、環境汚染を防止し、天然資源の節約および有効活用を図ることができる。
技術概要
 
この技術では、コンクリート系建設材料のリサイクル方法は、これから構築するコンクリート構造物を解体して得られる再生骨材を使って将来の新たなコンクリート構造物を構築するコンクリート系建設材料のリサイクル方法であって、予め再利用することを考慮して、これから構築するコンクリート構築物の強度を要求されるコンクリート強度より高くかつ40N/mm↑2以上に設定しなおかつ将来の新たなコンクリート構造物の設定強度より高く設定することを特徴とする。強度・安全性等の観点からリサイクル方法は、既存のコンクリート構造物あるいはこれから構築するコンクリート構造物の強度は新たに構築するコンクリート構造物の設計に要される強度の1.2倍以上であることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT