連続移動物体のリアルタイム形状計測方法及びシステム

開放特許情報番号
L2011005750
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2011/11/18

基本情報

出願番号 特願2001-089799
出願日 2001/3/27
出願人 国立大学法人 和歌山大学
公開番号 特開2002-286433
公開日 2002/10/3
登録番号 特許第3629532号
特許権者 国立大学法人 和歌山大学
発明の名称 連続移動物体のリアルタイム形状計測方法及びシステム
技術分野 情報・通信、土木・建築、その他
機能 検査・検出、機械・部品の製造、その他
適用製品 物体の形状及び変形量を計測する非接触形状計測方法及び実行するシステム。
目的 実行するためのシステムの構成が簡単で、高速に検査することができる連続移動物体形状計測方法と、連続移動物体形状計測方法を実行するシステムとを提供すること。
効果 システムの構成が簡単で、高速に検査することができる連続移動物体形状計測方法と、連続移動物体形状計測方法を実行するシステムとを実現できる。
技術概要
連続移動物体形状計測方法は、連続移動する物体に等間隔の余弦波格子を、物体の移動方向に対して垂直方向から所定の角度だけ傾けた方向にて投影し、余弦波格子が投影された物体を、余弦波格子の位相が物体の移動方向においてπ/2ずつずれる間隔のラインを撮影するように物体の移動方向に対して垂直かつ平行に配置された4本のラインセンサによって、格子投影角度と異なる角度から、物体がラインセンサ間の距離を移動する移動時間に合わせた撮影タイミングで各々撮影し、ライン画像を得て、余弦波格子が位相シフトされた4つのライン画像を位相シフト法により位相解析し、物体の高さ分布を算出する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT