金属の選択的抽出剤

開放特許情報番号
L2011005698
開放特許情報登録日
2011/11/11
最新更新日
2015/11/23

基本情報

出願番号 特願2011-168676
出願日 2011/8/1
出願人 国立大学法人宮崎大学
公開番号 特開2013-032563
公開日 2013/2/14
登録番号 特許第5818315号
特許権者 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 金属の選択的抽出剤
技術分野 金属材料、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属を選択的に吸着する化合物を含有する金属の抽出剤、及び該化合物を用いる金属の回収方法
目的 ベースメタル及び白金族金属のイオンを含有する溶液からRh又はPdイオンを選択的に抽出する手段を提供する。
効果 ベースメタル及び白金族金属のイオンを含有する溶液からRh又はPdイオンを選択的に抽出する手段を提供することが可能となる。
技術概要
下記(イメージ図参照)の式I:
[式中、
R↑1及びR↑2は、互いに独立して、水素、置換若しくは非置換の直鎖若しくは分岐鎖状C↓(1-18)アルキル、C↓(2-18)アルケニル若しくはC↓(2-18)アルキニル、又は置換若しくは非置換の直鎖若しくは分岐鎖状C↓(7-18)アリールアルキル若しくはC↓(8-18)アリールアルケニルであり(但し、R↑1及びR↑2は同一であることはない);
R↑3及びR↑4は、互いに独立して、水素、置換若しくは非置換の直鎖若しくは分岐鎖状C↓(1-4)アルキル、C↓(2-4)アルケニル若しくはC↓(2-4)アルキニル、又は置換若しくは非置換の直鎖若しくは分岐鎖状C↓(7-18)アリールアルキル若しくはC↓(8-18)アリールアルケニルであるか、又は
R↑3及びR↑4は、それらが結合するイミダゾール環上の炭素原子と一緒になってイミダゾール環と縮合するシクロアルキル若しくはアリール(前記イミダゾール環と縮合するシクロアルキル若しくはアリールは、非置換であるか、或いは1個若しくは複数個のハロゲンによって置換されている)を形成する]
で表される化合物を含有する、金属イオンの抽出剤。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT