担子菌を用いるエタノールの製造方法

開放特許情報番号
L2011005696
開放特許情報登録日
2011/11/11
最新更新日
2016/9/22

基本情報

出願番号 特願2013-517896
出願日 2012/3/2
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 WO2012/164990
公開日 2012/12/6
登録番号 特許第5984121号
特許権者 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 担子菌を用いるエタノールの製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 担子菌を用いて炭素源からエタノールを製造する方法
目的 植物バイオマス資源等に由来する炭素源からエタノールを簡便に、かつ高効率で製造するための手段を提供する。
効果 植物バイオマス資源等に由来する炭素源からエタノールを簡便に、かつ高効率で製造するための手段が提供される。
技術概要
本発明は、Phlebia属に属する担子菌を炭素源とともに培養することによりエタノールを生成する工程を含む、エタノールの製造方法に関する。炭素源としては、セルロース、ヘミセルロース、グルコース、キシロース等や、これらを含む植物バイオマス資源が利用可能である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT