コンテナ

開放特許情報番号
L2011005684
開放特許情報登録日
2011/11/11
最新更新日
2015/8/7

基本情報

出願番号 特願2006-087010
出願日 2006/3/28
出願人 独立行政法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2007-261611
公開日 2007/10/11
登録番号 特許第4792557号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 コンテナ
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 コンテナ
目的 容積、重量が嵩む貨物を容易かつ確実に格納でき、保安性に優れ、トレーラによる陸上輸送ができるコンテナを提供する。
効果 重量や容積が嵩む複数個の貨物を1列に並べて配置して格納するに際して、天井部に形成した貨物搬入搬出可能な貨物用扉から天井クレーンなどで容易にコンテナに積み降ろしすることができる他、点検用扉から貨物の積載状態を確認することができる。また、この点検用扉からは貨物を出すことができないから、貨物用扉から貨物の積み降ろし設備がある所定の個所以外では貨物を下ろすことができず保安上優れている。さらに、架台のフォーク挿入孔は、載置凹部の周縁部で覆い隠されているから、重ねて所定個所以外での荷下ろしを防止することができる。
技術概要
図1はコンテナの図であり、(a)は平面と、底面を示す図、(b)は側面図、(c)は断面図、図2は図1に示したコンテナの点検扉の開閉状態を示す図であり、(a)は平面と、底面を示す図、(b)は側面図、(c)は断面図、図3は図1に示したコンテナの構成をコンテナの油圧配管状態と共に示す斜視図、図4は図1に示したコンテナの概略構成を示した骨格図である。コンテナ100は、長方形状の底壁部110、対向する左右の側壁部120、130、及び対向する2枚の端壁部140、150からなる略6面体をなしており、毒物、劇物、放射性物質などの危険物からなる貨物や、高価な美術品、骨董品などからなる特殊な貨物等を収納したキャスク10を搭載した架台20を3台載置することができる。コンテナ100は、H型材からなる桁材111、112、梁材113、114で底壁部110の4辺を形成し、この底壁部110の隅部に4角パイプ材の4本の支柱121、122、131、132を立設し、この支柱121、122、131、132の上端を連結するように断面コ字状材の桁材161、162、梁材141、151を配置して6面体の辺を構成してなる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT