粒状窒素肥料

開放特許情報番号
L2011005636
開放特許情報登録日
2011/11/11
最新更新日
2011/11/11

基本情報

出願番号 特願2007-127117
出願日 2007/5/11
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2008-280220
公開日 2008/11/20
発明の名称 粒状窒素肥料
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 石灰窒素を尿素で被覆した粒状窒素肥料
目的 安価で、かつ、簡単に製造することのできる、緩効性の粒状窒素肥料を提供する。
効果 石灰窒素で被覆されることで尿素の溶出が抑制され、長期間にわたって施肥効果が持続する、緩効性の粒状窒素肥料とさせる事が出来る。
技術概要
石灰窒素と尿素を含有する粒状窒素肥料を、石灰窒素の窒素量と尿素の窒素量の比を1:1〜3となるように石灰窒素と尿素を混合し、水を噴霧しながら造粒して得た。粉末状の石灰窒素1と粉末状の尿素2を用いて平均粒径2〜6mmの均一な成分を有する粉末石灰窒素と粉末尿素の混合物3とし、これに水を噴霧しながら造粒することによって、粒状窒素肥料4とさせ、粒状の石灰窒素と粉末状の尿素を用いて造粒した石灰窒素が尿素で被覆されてなる粒状窒素肥料を得る。水を噴霧しながら造粒して、特別な結合剤を用いる必要がなく、通常のパン型造粒装置などを用いて簡単に造粒でき、製造コストを抑制する事が出来る。粒状窒素肥料は、石灰窒素が尿素で被覆され、石灰窒素は毒性を有するが、これが無害な尿素で被覆されることで施肥作業者が石灰窒素に接触することを防止する事が出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT