有機半導体材料

開放特許情報番号
L2011005599
開放特許情報登録日
2011/11/11
最新更新日
2015/11/2

基本情報

出願番号 特願2011-168600
出願日 2011/8/1
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-033823
公開日 2013/2/14
発明の名称 有機半導体材料
技術分野 電気・電子、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 有機半導体材料
目的 簡便な成膜プロセスにより作製した薄膜が良好な電荷移動度を示す、空気中の酸素に対して安定な液晶性半導体材料を提供する。
効果 簡便な成膜プロセスにより、空気中の酸素に対して安定で、良好な電荷移動度を示す有機半導体薄膜を提供することができる。したがって、この半導体薄膜を利用すると、有機薄膜トランジスターなどの良好な有機デバイスを低コストで製造できる。
すなわち、光学系及び電子系デバイスの分野において、有機エレクトロニクス材料としての使用が可能である。また、本発明に係るフェニルアセチレン系化合物は有機溶媒に可溶であることから、プリンテッドエレクトロニクス用の有機半導体材料としての使用も可能である。
技術概要
下記一般式(I)で表される化合物又はその混合物を主成分とする液晶性有機半導体材料。
(式中、A↑1〜A↑12はそれぞれ独立に、水素原子又はフッ素原子を示し、R↑1及びR↑2はそれぞれ独立に、水素原子、フッ素原子、シアノ基、トリフルオロメチル基又は、炭素数1〜20のアルキル基、アルコキシ基、アルキルスルファニル基、アルコキシメチル基、アルコキシカルボニル基若しくはアルキルカルボニルオキシ基を示す。nは0又は1である。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT