シクロデキストリン化合物

開放特許情報番号
L2011005562
開放特許情報登録日
2011/11/4
最新更新日
2011/11/4

基本情報

出願番号 特願2010-057243
出願日 2010/3/15
出願人 ナノデックス株式会社
公開番号 特開2011-190341
公開日 2011/9/29
発明の名称 シクロデキストリン化合物
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 安全・福祉対策、材料・素材の製造
適用製品 がん細胞への標的指向性薬物送達システムに用いることができるシクロデキストリン化合物、標的指向性の優れた制がん剤・蛍光造影剤・X線CT造影剤・核医学造影剤・MRI造影剤
目的 がん細胞への標的指向性薬物送達システムにおいて、葉酸修飾シクロデキストリン化合物を用いることが知られているが、包接した薬物、造影剤等の包接物の放出をコントロールして、薬物、造影剤等を体内の特定部位に輸送することは非常に困難である。シクロデキストリン化合物の包接能を自在にコントロールすることは困難で、所望の部位へ包接物を輸送できても、包接物を適切に放出できない場合もある。そこで、がん細胞への標的指向性薬物送達システムに好適に用いることができるシクロデキストリン化合物、その製法及びその製造中間体を提供する。
効果 このシクロデキストリン化合物は、その葉酸のナノクラスター効果に基づく標的細胞に対する会合性に優れている。さらに、このシクロデキストリン化合物は、制がん剤や造影剤がシクロデキストリン環に化学結合により結合しているので、標的細胞に到達するまでに分解・解離が起こらない。したがって、このシクロデキストリン化合物は、標的指向性の優れた制がん剤、蛍光造影剤、X線CT造影剤、核医学造影剤、MRI造影剤として好適に用いることができる。
技術概要
このシクロデキストリン化合物は、一般式bで表わされる。一般式b中、mは6〜8、nは0〜3の整数であり、pは2以上m以下の整数であり、(m−p)個のAは各々独立に水酸基、グリコシル基を有する置換基又は親水性基を表す。qは1以上(2×m)以下の整数であり、q個のXは各々独立にトシルオキシ基、−NH−Y、−NH−R−NHCO−R−COOH、−NH−R−NH2、−O−C(=S)−NH−Y、−NH−R−NH−C(=S)−NH−Y、−NH−R−NHCO−Y、−NH−R−NHCO−R−CONHNH2、−NH−R−NHCO−R−CONHNH=CR'R"及び−NH−R−CONHNH=CR'R"からなる群より選ばれる基を表す。Rは、メチレン基、フェニレン基、−O−、−S−、及びこれらの組み合わせからなる群より選ばれる基、R'及びR"はそれぞれメチル基、フェニル基、及びこれらの組み合わせからなる群より選ばれる基を表す。このシクロデキストリン化合物は、一般式3で表されるシクロデキストリン化合物を構成するシクロデキストリン環のC−2位水酸基あるいはC−3位水酸基の縮合反応を行うことによって得られる。
リサーチツールの分類 生体関連物質、方法・プロセス、その他
有体物情報 糖・糖関連物質/抗がん剤やがん造影剤の連結可能
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(ランニング) 【要】個別交渉による

登録者情報

技術供与

掲載された学会誌 【有】
掲載学会誌名1 月刊「化学工業Vol.59,No.4(2008)」[293]45−[299]51頁
掲載学会誌名2 「薬剤学」Vol.68,No.6(2008)398−406頁
掲載学会誌名3 「製剤機械技術研究会誌」Vol.18,No.4(2009)[322]32−[321]41頁

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT