増幅回路

開放特許情報番号
L2011005476
開放特許情報登録日
2011/10/28
最新更新日
2011/10/28

基本情報

出願番号 特願2009-199237
出願日 2009/8/31
出願人 国立大学法人電気通信大学
公開番号 特開2011-055027
公開日 2011/3/17
発明の名称 増幅回路
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 ワイヤレス通信システム、マイクロ波送信用電力増幅器、高効率化、低ひずみ化、マイクロ波ひずみ補償
目的 単体のダイオードが主線路に直列に挿入した構造または単体のダイオードが主線路に並列に挿入した構造では、ダイオードリニアライザの利得偏移および位相偏移特性は、単体のダイオードおよび周辺の素子に依存するものの、単体のダイオードでは、調節できる素子の数や条件に限りがあり、また、適切なダイオードを用いる必要があるため、増幅器と逆の利得偏移および位相偏移特性を持つリニアライザを作ることは困難であることの改善。
効果 複数のダイオードのそれぞれについて、所望の基本特性を有するダイオードを選択し、かつ、複数のダイオードのそれぞれに対応するバイアス回路について、所望のバイアス電圧を選択することが可能である。
技術概要
この技術では、増幅回路は、増幅器と、ダイオードリニアライザとを具備する。ここで、増幅器は、入出力電力特性において5次以上の非線形性を有する。ダイオードリニアライザは、増幅器の前段に接続されて、5次以上の非線形性を軽減する。ダイオードリニアライザは、複数のダイオードと、複数のバイアス回路とを具備する。ここで、複数のバイアス回路は、複数のダイオードにバイアス電圧をそれぞれ個別に印加する。この増幅回路によれば、複数のバイアス回路は、複数のダイオードにバイアス電圧をそれぞれ個別に印加するので、複数のダイオードのそれぞれについて、所望の基本特性を有するダイオードを選択し、かつ、複数のダイオードのそれぞれに対応するバイアス回路について、所望のバイアス電圧を選択することが可能である。この結果、リニアライザの利得偏移および位相偏移特性を、増幅器と逆となるように容易に調整できる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT