可視光線をシロアリに照射することを特徴とするシロアリの防除方法

開放特許情報番号
L2011005160
開放特許情報登録日
2011/9/30
最新更新日
2016/8/22

基本情報

出願番号 特願2010-040295
出願日 2010/2/25
出願人 国立研究開発法人森林総合研究所
公開番号 特開2011-172528
公開日 2011/9/8
登録番号 特許第5952997号
特許権者 国立研究開発法人森林総合研究所
発明の名称 シロアリの防除方法
技術分野 土木・建築、生活・文化、その他
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策、その他
適用製品 シロアリ防除に紫外線を用いず、可視光線を用いるので、床下の木材などの住宅部材の強度低下や変色を起こすことなく、しかも人体に悪影響を及ぼすこともないシロアリの防除
目的 可視光線、400〜550nm好ましくは400〜450nmをシロアリに照射することを特徴とするシロアリの防除方法を提供する。
効果 シロアリ防除に紫外線を用いず、可視光線を用いるので、床下の木材などの住宅部材の強度低下や変色を起こすこともなく、人体に悪影響を及ぼすこともない。
技術概要
 
シロアリが特定波長の可視光線を忌避することを見出し、400〜550nm、好ましくは400〜450nmの可視光線をシロアリに照射することを特徴とするシロアリの防除方法である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT