装着型電気刺激装置

開放特許情報番号
L2011005078
開放特許情報登録日
2011/9/22
最新更新日
2014/1/30

基本情報

出願番号 特願2009-155029
出願日 2009/6/30
出願人 学校法人日本医科大学
公開番号 特開2011-010698
公開日 2011/1/20
登録番号 特許第5447802号
特許権者 学校法人日本医科大学
発明の名称 装着型電気刺激装置
技術分野 電気・電子、生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 リハビリ、人体の筋収縮を筋電信号として検出し、筋収縮した部位に電気刺激信号を印加、脳卒中の上肢麻痺などの麻痺、麻痺改善の療法
目的 筋収縮を検出して電気刺激を行う治療方法は、機能改善効果が検証されており、今までの報告から、電気刺激訓練はできるだけ毎日、短時間でも行うことが効果的であることがわかっていることに鑑み、装置の再装着時に専門医によらず装置を装着し、その個人差に応じた最適な人体の部位に電気刺激を付与することができ、これにより、日常生活動作と共に長時間繰返しリハビリに使用することができる装着型電気刺激装置の提供。
効果 電気刺激信号を刺激部位に印加することができ、刺激部位の標的筋を刺激することができる。この標的筋の刺激により、装着者の意思で、動かそうとした体の部位を、健常時に近い動作で動かすことができる。さらに、装着部が、電気刺激部と共に人体に装着されるので携帯性に優れているばかりでなく、電極取着部に電極部が取着された状態で装置の使用を行うので、装置を携帯しながら使用した場合であっても、電極部の位置ずれはし難い。
技術概要
この技術では、装着型電気刺激装置は、人体の刺激すべき刺激部位に接触して、筋収縮を筋電信号として検出すると共に、電気刺激信号を電気刺激として刺激部位に印加する電極部、及び、電極部からの筋電信号に基づいて電気刺激信号を演算し、電極部に出力するための電気刺激信号を制御する制御部を含む電気刺激部と、電気刺激部と共に人体に装着される装着部と、を少なくとも備えた装着型電気刺激装置であって、装着部は、刺激部位を覆うように人体に巻付いて装着される装着帯体と、人体の形状に合わせて、装着帯体を人体の所定の位置に位置決めする位置決め部と、装着帯体が位置決めされて装着されたときに、刺激部位に電極部が接触するように、電極部を所望の位置で取着する電極取着部と、を少なくとも備える。位置決め部を人体形状に合わせて位置決めしたときに、装着者ごとに異なる最適な位置に電極部が接触するように、最適な取着位置に電極部の位置を決め、電極取着部のその位置に、電極部を取着できる。また、位置決め部により位置決めされた装着部の装着帯体を、人体に巻付けることで、所望の刺激部位に、電極部を安定して接触させる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT