自動変速装置

開放特許情報番号
L2011005050
開放特許情報登録日
2011/9/16
最新更新日
2014/2/26

基本情報

出願番号 特願2009-150812
出願日 2009/6/25
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2011-007253
公開日 2011/1/13
登録番号 特許第5441030号
特許権者 学校法人同志社
発明の名称 自動変速装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 車両、各種巻取り機、攪拌機等の変速機
目的 非常に簡単な構成で出力軸の負荷トルクに応じた自動変速を可能にするとともに、それによって装置の小型化と生産コストダウンを図ることを目的とする。
効果 従来の自動変速装置のような複雑なカム装置を設けることなく、コーンの回転軸心を入出力軸の回転軸心と交わらないように設けることで、出力軸の負荷トルクに応じた変速力を変速リングに作用することができる。そして、付勢手段によって、変速力に対抗して付勢して、予め設定したトルク−変速比となる出力特性で動作するように自動変速できる。
技術概要
自動変速装置は、入力軸と、入力軸と同心の出力軸と、入出力軸に対して公転しながら自転する円錐状のコーンと、コーンに摩擦係合する変速リングと、コーンと変速リングとの間に接圧力を与える接圧力付与手段と、変速リングを入出力軸の軸方向に進退移動する移動手段と、変速リングの進退移動を付勢する付勢手段とを備える。 コーンは、コーンの回転軸心が入出力軸の回転軸心と交わらないように設けられ、出力軸に負荷トルクが生じると、変速リングに対して入出力軸の軸方向に変速力が作用し、付勢手段は、変速力に対して反対方向の付勢力が予め設定した出力特性で動作するように設定されている。 好ましくは、コーンは、入出力軸における回転方向の変化に応じて、コーンの回転軸心を所定範囲の角度で揺動可能とする揺動手段を備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT