動作検出センサ及びアクチュエータシステム

開放特許情報番号
L2011005007
開放特許情報登録日
2011/9/16
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2006-224502
出願日 2006/8/21
出願人 学校法人立命館
公開番号 特開2008-046092
公開日 2008/2/28
登録番号 特許第4892671号
特許権者 学校法人立命館
発明の名称 動作検出センサ及びアクチュエータシステム
技術分野 電気・電子、情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 アクチュエータ、体内駆動型の医療機器、マニピュレータ
目的 この発明は電気的なセンサとは異なる構造によってアクチュエータの動作を検出できる動作検出センサを提供することを目的とする。
効果 動作部の変形動作に応じて検出用流路が変形することによって検出用流路における流路抵抗が変化し、この変化による検出用流路を通る流体の状態の変化を測定することで動作部の動作を検出できる。従来のように電気的なセンサによらずに、動作部に設けた検出用流路を通る流体に基づいて動作部の動作状態を検出できる。
技術概要
変形動作するバルーンアクチュエータに検出用流路が設けられている。 検出用流路は、動作するバルーンアクチュエータの動作に応じて変形することで、通過させる流体の流路抵抗が変化する。 そして、流路抵抗の変化による検出用流路を通る流体の流量の変化を測定手段が測定する。 検出用流路は、変形動作により、検出用流路の断面積、長さ、曲がり角度の少なくとも1つが変化することで、流路抵抗が変化する構成とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 立命館大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT