液晶表示装置用バックライトシステム

開放特許情報番号
L2011005005
開放特許情報登録日
2011/9/16
最新更新日
2012/7/30

基本情報

出願番号 特願2006-142591
出願日 2006/5/23
出願人 学校法人立命館
公開番号 特開2007-316122
公開日 2007/12/6
登録番号 特許第5002854号
特許権者 学校法人立命館
発明の名称 液晶表示装置用バックライトシステム
技術分野 情報・通信、電気・電子、生活・文化
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、その他
適用製品 液晶表示装置、携帯電話
目的 この発明は、軽くて薄型であり、かつ、視野角の制御が可能な液晶表示装置を低コストで実現可能な液晶表示装置用バックライトシステムを提供する。
効果 この発明によれば、電気光学手段によって導光体の内部における伝搬角度の分布が制御されるので、光取り出し部材によって導光体の外部に照射される光の角度分布を制御することができ、引いては液晶表示装置の視野角を制御することができるという効果が得られる。このため、電気光学手段は導光体などに比べて小さいので、薄型で軽く安価であり、視野角を制御可能な液晶表示装置を実現することができるという効果が得られる。
技術概要
携帯電話機は生活のあらゆる場面にて使用されているが、画面をユーザが人目を気にせずに電子メールの内容や画像を閲覧できる場面もあれば、人に見られたくない電子メールの内容や画像を人ごみの中で人目を気にしながら閲覧する場面もある。そのため、携帯電話機の使用の場面に応じて液晶表示装置の視野角を変更可能としたものが望まれている。この点を改善するため、電界制御型パネルが開発されているが、厚くて重くなり、コストが高くなる点や視野角を連続的に変化させることが不可能であるという問題があった。この発明の液晶表示装置用バックライトシステムでは、光源5と、光源5から照射される光を伝搬する導光体3と、導光体3の内部を伝搬する光を導光体3の外部に照射する光取り出し部材4と、光源5と導光体3との間に設けられ、光源5から照射される光の導光体3への入射角度の分布を電気的に制御することにより当該光の導光体3の内部における伝搬角度の分布を制御する電気光学手段7とを備えるものである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 立命館大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT