蛍光体微粒子、該蛍光体微粒子の製造方法、蛍光体薄膜及びELデバイス

開放特許情報番号
L2011004956
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2011-125318
出願日 2011/6/3
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-251082
公開日 2012/12/20
登録番号 特許第5688656号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 蛍光体微粒子、該蛍光体微粒子の製造方法、蛍光体薄膜及びELデバイス
技術分野 化学・薬品、電気・電子
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ペロブスカイト型酸化物の蛍光体微粒子、該蛍光体微粒子の製造方法、該蛍光体微粒子を用いた蛍光体薄膜及びELデバイス
目的 一次粒径が100nm以下で、凝集がなく、単結晶であり、高結晶性のペロブスカイト型構造を有する蛍光体微粒子、該蛍光体微粒子を比較的低温かつ短時間で、更に環境負荷の極めて低い水媒体中で製造可能な蛍光体微粒子の製造方法、該蛍光体微粒子を用いた蛍光体薄膜及びELデバイスを提供する。
効果 一次粒径が100nm以下で、凝集がなく、単結晶であり、高結晶性のペロブスカイト型構造を有する蛍光体微粒子、該蛍光体微粒子を比較的低温かつ短時間で、更に環境負荷の極めて低い水媒体中で製造可能な蛍光体微粒子の製造方法、該蛍光体微粒子を用いた蛍光体薄膜及びELデバイスを提供することができる。
また、広くELデバイス及び太陽電池の波長変換膜などの蛍光体微粒子を用いた製品に実用化して、小型で高機能の製品の製造に利用することができる。
技術概要
本発明の蛍光体微粒子は、下記一般式(1)で表されるペロブスカイト型構造を有する蛍光体微粒子であって、一次粒径が大きくとも100nm以下で、凝集がなく、単結晶であることを特徴とする。

ABO↓3:Pr↑(3+)・・・・・ (1)

ただし、前記式(1)において、Aは、Ca、Ba及びSrのいずれかの金属元素若しくはこれらの金属元素うちの少なくとも2つの金属元素の組み合わせを示し、Bは、Ti及びTiとAlの組み合わせのいずれかを示す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT