広い基質選択性を有する中性アミノ酸トランスポーター及びその遺伝子

開放特許情報番号
L2011004930
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願平11-158571
出願日 1999/6/4
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2000-342270
公開日 2000/12/12
登録番号 特許第4326626号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 広い基質選択性を有する中性アミノ酸トランスポーター及びその遺伝子
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 広い基質選択性を有する中性アミノ酸トランスポーター及びその遺伝子
目的 新規な広い基質選択性を有する中性アミノ酸トランスポーター及びそれをコードする遺伝子を提供する。
効果 広い基質選択性を有する中性アミノ酸トランスポーターLAT2およびその遺伝子は、薬物や毒物の細胞膜通過や血液・組織関門通過のインビトロでの解析など、薬物動態や毒物動態の分子レベルでの解明、および細胞膜や血液・組織関門を効率良く透過する薬物や、毒物の透過を抑制する薬物の開発に有用である。
技術概要
 
中性アミノ酸トランスポーターであって、中性アミノ酸に対する広い基質選択性を有し、アミノ酸輸送活性化因子4F2hcにより活性化され、かつ非腫瘍性であるタンパク質、好ましくはさらに促通拡散型の中性アミノ酸トランスポーターであるタンパク質である。このヒト由来のタンパク質のアミノ酸配列を配列表の配列番号6に示し、ラット由来のタンパク質のアミノ酸配列を配列表の配列番号2に示す。この性質を有する配列番号2又は6で示されるアミノ酸配列、又は、配列番号2又は6で示されるアミノ酸配列において1もしくは2個以上のアミノ酸が欠失、置換もしくは付加されたアミノ酸配列からなるタンパク質である。中性アミノ酸を輸送する能力を有する新規タンパク質、すなわち中性アミノ酸トランスポーターLAT2は、アミノ酸輸送活性化因子4F2hcと共存することにより、グリシン、アラニン、セリン、システイン、スレオニン、グルタミン、アスパラギン、ロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、ヒスチジンなどの中性アミノ酸を輸送する能力を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT