多重循環式液体ヘリウム再凝縮装置および方法

開放特許情報番号
L2011004906
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2015/11/9

基本情報

出願番号 特願平10-275291
出願日 1998/9/29
出願人 独立行政法人 科学技術振興機構
公開番号 特開2000-105072
公開日 2000/4/11
登録番号 特許第3530040号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 多重循環式液体ヘリウム再凝縮装置および方法
技術分野 その他
機能 加熱・冷却
適用製品 多重循環式液体ヘリウム再凝縮装置
目的 液体ヘリウム再凝縮装置において、同槽から気化したヘリウムガスを再び液体ヘリウム貯留槽に循環利用できる多重循環式液体ヘリウム再凝縮システムを提供する。
効果 約40Kのヘリウムガスが約300Kにまで昇温する間に必要とする大量の顕熱を液体ヘリウム貯留槽を冷却するために有効利用できるため、従来装置のようにヘリウムガスを全量液体ヘリウムにする必要がなくなり、従来システムに比較して多大なエネルギー、費用を節約できる。液体ヘリウム貯留槽内で蒸発し減少する液体ヘリウムは少量であり、装置内の小型冷凍機によって液化した液体ヘリウムで充分に補うことができ、液化するためのエネルギーが極めて少ない。
技術概要
液体ヘリウム貯留槽1と、該貯留槽で気化した高温ヘリウムガスを回収するラインと、同ラインから供給された高温ヘリウムガスを極低温のヘリウムガスにまで冷却する熱交換器6による第1段目の冷凍サイクルと、同ラインから供給された高温ヘリウムガスを液化する熱交換器7とを備えた冷凍機5の第2段目の冷凍サイクルとを備え、第2段目の冷凍サイクルによって液化された液体ヘリウムを、第1段目で極低温まで冷却されたヘリウムガスにより、高温部と接触することの無いようにして、液化ヘリウム状態で液体ヘリウム貯留槽に移送するようにした多重循環式液体ヘリウム再凝縮装置である。第2段目の冷凍サイクルで液化された液体ヘリウムは、液体ヘリウム貯留槽内に配置した気液分離器に供給され、該気液分離器によって分離された液体ヘリウムが液体ヘリウム貯留槽内に貯留されるようにし、貯留槽内の熱バランスが安定化するようにした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT