二重らせん構造を有する合成高分子化合物及びその製造法

開放特許情報番号
L2011004815
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2009-503905
出願日 2008/3/10
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2008/111301
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第5301426号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 二重らせん構造を有する合成高分子化合物及びその製造法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 生物化学的反応等に有用な二重らせん構造を有する合成高分子化合物に適用する。
目的 特定の一本鎖高分子化合物の構造特性を利用して形成してなる二重鎖らせん構造を有する合成高分子化合物を提供する。
効果 非生物的、非生物化学的方法により、熱安定性の良好な一方向巻きの二重鎖らせん構造を有する合成高分子化合物を得ることができる。
技術概要
 
共有結合で結合された一本鎖の合成高分子化合物の主鎖単位構造が、メタ−ターフェニル誘導体を含有し、かつ極性の官能基を有する共有結合で結合された一本鎖の合成高分子化合物が、極性の官能基の相互作用により合成高分子化合物が相互に会合して、人工的に一方向巻きの二重鎖らせん構造を形成してなる合成高分子化合物にする。共有結合で結合された一本鎖の合成高分子化合物の主鎖単位構造としては、メタ−ターフェニル誘導体とパラフェニレン誘導体との交互共重合体からなる高分子化合物が好ましく用いられる。かくして、例えば、一本鎖の合成高分子化合物を、水系溶媒またはテトラヒドロフラン等の有機溶媒中に、1mg/mL以下の濃度で混合することにより目的の合成高分子化合物を製造できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT