磁性光硬化樹脂で作成した回転構造体およびそれを使用した磁気駆動マイクロアクチュエータ

開放特許情報番号
L2011004773
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2015/11/9

基本情報

出願番号 特願2009-012498
出願日 2009/1/23
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2010-172112
公開日 2010/8/5
登録番号 特許第5420260号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 磁性光硬化樹脂で作成した回転構造体およびそれを使用した磁気駆動マイクロアクチュエータ
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、磁気駆動アクチュエータ(スクリュー型アクチュエータや泳動マイクロマシン等)等の分野で広く利用される。
目的 作製方法にマイクロ光造形法を用いることにより、従来よりも小型でかつ精度の良い磁気駆動アクチュエータを提供する。
効果 従来よりも小型化された泳動マイクロマシンを提供でき、このマイクロマシンは、血管の中を通って狭所空間の患部へ到達して治療する将来のマイクロサージェリロボットとして有効である。
技術概要
磁性光硬化樹脂で作製された回転子3と、この回転子を駆動させるための電磁コイル4とから構成される、磁気駆動マイクロアクチュエータである。尚、磁性光硬化樹脂は、硬磁性を有する磁性光硬化樹脂であり、また、磁性光硬化樹脂は、基材となる材料がアクリル系、エポキシ系、オキセタン系、ウレタン系、シリコン系等の光硬化樹脂のいずれかであり、添加される磁性微粒子が希土類微粒子、フェライト微粒子等のいずれかであり、添加される増粘剤がヒュームドシリカ、炭酸カルシウムのいずれかである。また、回転子が光造形法によって作製され、また、回転子に電磁コイルによって回転磁場を印加し、回転子を回転駆動させる。また、回転子がスクリュー形状をしている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT