心筋生存度の定量評価方法等

開放特許情報番号
L2011004758
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2011/9/9

基本情報

出願番号 特願2004-090771
出願日 2004/3/26
出願人 株式会社三重ティーエルオー
公開番号 特開2005-270478
公開日 2005/10/6
登録番号 特許第4441588号
特許権者 株式会社三重ティーエルオー
発明の名称 心筋梗塞判定用画像作成装置
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 磁気共鳴造影剤、磁気共鳴撮影、心筋内の梗塞範囲
目的 梗塞領域の心筋内膜側から外膜側へ及ぶ範囲を効果的に定量表示する方法の提供。
効果 心筋梗塞の範囲と生存心筋の範囲を、観察者が閾値等を設定することなく、自動的に設定することが可能となった。さらに、心筋梗塞と生存心筋の厚みと、それらが心筋壁厚に占める割合を定量的に計測し、梗塞領域の心筋内膜側から外膜側へ及ぶ範囲を効果的に定量表示し、心筋梗塞患者における心筋生存能の判定を行うことが可能となり、精確性と客観性が改良された。
技術概要
 
この技術は、磁気共鳴造影剤を用いた心電図同期磁気共鳴イメージング(MRI)の心筋スライス毎の画像に、Variancedependentfilter(以下、V−フィルターと記述する。)処理を行い、V−フィルター処理後の画像に微分処理および細線化処理を行って心筋梗塞画像を構築し、心筋梗塞領域と心筋生存度を決定する。更に、心筋の各セグメントにおいて心筋梗塞領域と心筋生存度を求め、心尖部を中心に心基部を外周に配置し、側壁から分割した角度毎に同心円状に梗塞心筋の厚みと生存心筋の厚みを表示すると共に梗塞心筋の内膜側と外膜側における心筋梗塞占有率を極座標表示する心筋梗塞領域と心筋生存度の定量評価方法である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT