アレルゲンの除去方法

開放特許情報番号
L2011004753
開放特許情報登録日
2011/9/9
最新更新日
2012/1/6

基本情報

出願番号 特願2007-037362
出願日 2007/2/19
出願人 国立大学法人三重大学
公開番号 特開2008-201859
公開日 2008/9/4
登録番号 特許第4867010号
特許権者 国立大学法人三重大学
発明の名称 アレルゲンの除去方法
技術分野 化学・薬品、生活・文化
機能 環境・リサイクル対策、安全・福祉対策、洗浄・除去
適用製品 造花、ぬいぐるみ、掃除機用紙パック、掃除用除菌スプレー
目的 対象アレルゲンに対して、液体状のフミン物質をスプレー等で噴霧する、または液体状、固体状、粉体状、ペースト状等のフミン物質を織布、不織布、活性炭素繊維、フィルター等に塗布し、担持させて対象アレルゲンに供することにより、アレルゲンを除去・低減化することができる。
効果 従来技術と比較して、本発明では、未利用資源から、容易且つ安価に抽出でき、人体・環境への影響が懸念されることのないフミン物質(特にフミン酸)を用いてアレルゲンの除去・低減化を行うことができる。
技術概要
 
本発明は、アレルゲンを除去する方法において、フミン物質(フミン酸,フルボ酸,およびヒューミン)を用いることを特徴とするアレルゲンの除去方法であり、そのフミン物質は海洋性由来のフミン物質であることを特徴とし、さらにアレルゲンは屋内塵性ダニ類由来のアレルゲンであることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT