異常組織検出装置及び異常組織検出方法

開放特許情報番号
L2011004693
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2013/5/21

基本情報

出願番号 特願2008-241834
出願日 2008/9/19
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2010-069158
公開日 2010/4/2
登録番号 特許第5224454号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 異常組織検出装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 異常組織検出装置、異常組織検出方法、癌
目的 生体に無害で、小型な構成により癌組織などの異常組織を検出することが可能な装置と方法の提供。
効果 小型軽量の装置で、かつ、生体に悪影響を与えずに、癌組織を検出可能である。また、パルス波を周期的に放射し、逐次的に相対位置をずらしつつサンプリングを繰り返すことにより、等価的に高いサンプリングレートを得ることができる。
技術概要
この技術では、異常組織検出装置は、生体にマイクロ波を放射する放射手段と、放射したマイクロ波の反射波を受信する受信手段と、受信したマイクロ波に基づいて、生体中の異常組織の有無を判別するための信号処理を行う信号処理手段と、を備える。放射手段は、複数のアンテナから順次マイクロ波を放射する手段を備え、受信手段は、複数のアンテナでマイクロ波を受信し、信号処理手段は、マイクロ波の放射からマイクロ波の受信までの時間を求める手段と、複数のアンテナに関して求めた時間から、異常組織の位置を求める手段と、を備える、ように構成してもよい。また、放射手段は、マイクロ波領域の周波数成分を含むパルス波を生成する手段と、生成したパルス波を放射する手段と、を備え、信号処理手段は、受信手段で受信したマイクロ波の出力をサンプリングして記憶するサンプリング手段を備えるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT