画像処理装置及び画像処理方法

開放特許情報番号
L2011004623
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2011/9/2

基本情報

出願番号 特願2006-066553
出願日 2006/3/10
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2007-243832
公開日 2007/9/20
登録番号 特許第4759740号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 画像処理装置及び画像処理方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理装置
目的 高解像度及び高速で撮像した後に保存すべき画像データの量が膨大になることを防止することが可能な画像処理装置及び画像処理方法を提供する。
効果 高解像度及び高速で撮像した後に保存すべき画像データの量が膨大になることを防止することが可能となる。
技術概要
画像処理装置1は、撮像装置10が撮像した画像フレームを取得する取得部21と、取得部21が取得した画像フレームを所定大きさの複数の領域に分割する分割部22と、分割部22が分割した領域単位で更新すべき画素の個数を決定する決定部23と、決定部23が決定した個数だけの画素を上記領域内で選択して更新する更新部24とを備える。決定部23は、前回更新された領域の画像データと今回更新すべき領域の画像データとの差分が第1しきい値を超えた場合に、個数を決定する。また、決定部23は、更新すべき画像データの量が第2しきい値を超えた場合に、画像データ量が第2しきい値以下になるように個数を減らして決定する。しきい値は、更新ステップにて更新された画像データが任意の外部装置に伝送される時に限界となる伝送速度に応じて設定される。図1は撮像システム1の構成概要図、撮像装置10が撮像した画像データに対して、画像処理装置20がデータ量を減らす処理を施し、蓄積装置30がデータ量の減った当該画像データを蓄積する。図2は撮像装置10から取得したフレームのイメージを示す図、図3は撮像システム1の動作を説明するためのフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT