知覚特性測定システム

開放特許情報番号
L2011004607
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2012/3/16

基本情報

出願番号 特願2006-309977
出願日 2006/11/16
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2008-125520
公開日 2008/6/5
登録番号 特許第4923256号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 知覚特性測定システム
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 手先力知覚特性、知覚特性表示装置、知覚特性測定システム
目的 人間の上肢姿勢維持における手先力知覚特性が方向性を有することを解析することを目的とした、マグニチュード推定法に基づいて測定を行ない、さらには、肘・肩関節に付着する主な筋群から筋電位信号を計測することで、筋収縮レベルと手先力知覚との関係を容易に検証可能にする計測システムの提供。
効果 操作者の手先に任意の運動負荷を任意の方向に加えて操作者に知覚させ、それらの関係を解析することで、人間の手先力知覚特性の方向性を可視化することが可能となる。さらに、肘、肩関節に付着する主な筋群から筋電位信号を計測することで、筋収縮レベルと手先力知覚特性を客観的に観測することが可能となる。
技術概要
この技術では、知覚特性測定システムは、第1に、システムを利用するユーザの手先若しくは外部からの動作指示により水平面に可動するハンドル及びハンドルに取り付けた力覚センサを有するロボットを備えると共に、ハンドルに、所定の方向性を有する力負荷を与えるように指示し、力負荷に対抗するユーザの手先の耐性動作に起因する前記力覚センサの値を計測するとともに、ハンドル位置を取得するDSP装置を備える。また、ハンドル位置と、それに加える運動負荷の方向と位置を表示するディスプレイを備え、DSP装置により与えられた所定の方向性を有する力負荷と、耐性動作に起因するユーザの手先力知覚特性の値とを解析する知覚特性表示装置を備える。さらに、耐性動作に起因するユーザの筋電位信号を測定する筋電位信号計測装置を備え、知覚特性表示装置は、DSP装置により与えられた所定の方向性を有する力負荷と、筋電位信号とを解析し表示を行うようにする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT