膝関節運動測定装置

開放特許情報番号
L2011004604
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2011/9/2

基本情報

出願番号 特願2005-207555
出願日 2005/7/15
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2007-020881
公開日 2007/2/1
登録番号 特許第4752052号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 膝関節運動測定装置
技術分野 電気・電子、生活・文化
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 膝関節の障害、膝関節損傷の程度、正常膝関節との差異、診断、評価、治療、治療効果
目的 極めて大まかな運動しか測定することができなかったことに鑑み、膝関節の運動を厳密かつ詳細に測定するための装置の提供。
効果 膝関節の屈伸、内外旋、内外反に対応する大腿カフと下腿カフとの間の移動状態を回動5自由度および直線移動1自由度の合計6自由度の動きから幾何学的に三次元的に求めることができるので、膝関節の運動を厳密かつ詳細に測定することができる。
技術概要
この技術では、膝関節運動測定装置は、大腿の中心から軸線C1までの距離d1と、軸線C1の延在方向の軸線C1,C5間の距離d2と、軸線C2の延在方向の軸線C1,C5間の距離d3と、ロータリエンコーダの検出した角度θ2と、ロータリエンコーダ6の検出した角度θ3と、ロータリエンコーダの検出した角度θ7と、ロータリエンコーダの検出した角度θ5と、ロータリエンコーダの検出した角度θ4と、リニアエンコーダ9の検出した直線移動量に基づく軸線C2,C4間の距離d4と、軸線C4の延在方向の軸線C3,C5間の距離d5と、軸線C3の延在方向の軸線C3,C5間の距離d6と、下腿の中心から軸線C3までの距離d7とから演算により、大腿カフと下腿カフとの間の相対的な移動状態ひいては大腿と下腿との間の相対的な移動状態を座標変換により直角座標系で三次元的に求めて出力する、三次元移動状態演算手段備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT