スギ花粉由来の新規アレルゲン

開放特許情報番号
L2011004563
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2016/4/1

基本情報

出願番号 特願2003-297444
出願日 2003/8/21
出願人 独立行政法人科学技術振興機構、国立大学法人広島大学、西川ゴム工業株式会社
公開番号 特開2005-065536
公開日 2005/3/17
登録番号 特許第4437389号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 スギ花粉由来の新規アレルゲン
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 安全・福祉対策
適用製品 アレルギー診断薬、予防薬、治療薬等に有用なスギ花粉アレルゲンに適用する。
目的 特定の分子量、等電点を有するタンパク質からなるスギ花粉アレルゲンを提供する。
効果 このアレルゲンタンパク質、その断片と、Cry j1、Cry j2、及びその他のスギ花粉アレルゲンと組み合わせて、スギ花粉症の診断、減感作治療薬等が可能になる。
技術概要
スギ花粉中に含まれるタンパク質で、SDS−ポリアクリルアミドゲル電気泳動法により測定すると分子量が25,000〜40,000ダルトンを示し、等電点電気泳動法により測定すると4.0〜5.0付近に等電点を示し、好ましくは−X−Y−Cys−Asp−Gly−Gly−Asn−Ala−Ala−Thr−Val−Ala−Ser−Z−(XはPhe,Met;YはGlu、Gln;ZはArg、Thr)の配列を有するスギ花粉アレルゲンとする。尚、このスギ花粉アレルゲンは、スギ花粉粗抗原から、キチンを用いたアフィニティー精製、イオン交換クロマトグラフィー等により得られる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT