新規ペプチド、及び該ペプチドを用いた組成物

開放特許情報番号
L2011004556
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2011/9/2

基本情報

出願番号 特願2000-374207
出願日 2000/12/8
出願人 広島大学長
公開番号 特開2002-179699
公開日 2002/6/26
登録番号 特許第3546231号
特許権者 広島大学長
発明の名称 新規ペプチド、及び該ペプチドを用いた組成物
技術分野 食品・バイオ
機能 安全・福祉対策
適用製品 抗真菌剤等に用いられるペプチドに適用する。
目的 特定のアミノ酸配列を有してなるペプチドを提供する。
効果 殺菌、発育阻止作用を有し、臓器機能低下患者に対しても副作用が問題にならず有効に抗菌効果を示す薬剤が可能になる。
技術概要
Lys−Arg−Leu−Phe−Arg−Arg−Leu−Leu−Phe−Ser−Met−Lys−Lys−Tyrからなるペプチドにする。尚、このペプチドは、例えば、溶液状態で反応して得られた反応混合物から生成物を単離精製し、この生成物を中間体として次のペプチド伸長反応に用いる液相法や、反応溶媒に不溶の固相担体にアミノ酸を結合させ、このアミノ酸に準じ縮合反応を行いペプチド鎖を伸長させる固相法等により得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT