エストロゲン高感受性メダカ

開放特許情報番号
L2011004552
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2011/9/2

基本情報

出願番号 特願2000-247729
出願日 2000/8/17
出願人 広島大学長
公開番号 特開2002-058486
公開日 2002/2/26
登録番号 特許第3448641号
特許権者 広島大学長
発明の名称 エストロゲン高感受性メダカ
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で得られ、エストロゲン様内分泌攪乱化学物質を検出でき、かつ血栓症の発症メカニズムを解明するための実験動物等として広く利用される。
目的 極低濃度のエストロゲンに反応する遺伝子組換えメダカ、並びにこのメダカを用いて血栓を形成したメダカを作成する方法の提供。
効果 環境中に極微量に存在するエストロゲン様物質を、迅速、安価かつ簡易に検出でき、更に、血栓症の解明等に用いられ、その利用価値は極めて大きい。
技術概要
 
・・・atg tac cct・・・ctt caa gac・・・で表される塩基配列を有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることにより、血栓を形成したメダカを作成する。尚、この得られた遺伝子組み換えメダカを、環境から採取した水等の検査用の水中で生育させ、メダカに血栓が形成されるか否かを観察することにより、エストロゲン様作用性物質の検査を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT