人工骨及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011004490
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2007-512454
出願日 2006/3/22
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2006/109461
公開日 2006/10/19
登録番号 特許第5052336号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 人工骨及びその製造方法
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 骨代替材料
目的 生体内における骨形成能力及びその信頼性に優れ機械的強度の高い人工骨の提供。
効果 生体内における骨形成能力及びその信頼性に優れ機械的強度の高い人工骨が得られる。
技術概要
この技術の人工骨の製造方法は、気孔率をX(%)、平均気孔径をY(μm)とするとき、チタン又はチタン合金粉末及び有機バインダーからなる顆粒を粒状の気孔形成材と配合し、加圧成形し、焼成することにより、XY座標上の点A(46、180)、B(46、520)、C(50、520)、D(72、220)及びE(72、180)を結ぶ直線で囲まれる領域内の気孔率及び平均気孔径を有する多孔体を得る。多孔体をアルカリ水溶液と接触させ、その後、多孔体のアルカリ濃度が0.3at%以下となるまで多孔体を水と接触させ、次いで60℃以上650℃以下で加熱する。この製造方法によれば、金属粉末と有機バインダーとからなる顆粒が加圧成形されているので、成形体は最大粒径180μm以下の一次粒子の群と有機バインダーからなる多数の顆粒が気孔形成材とともに圧縮されたものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT