ヘテロダインレーザドップラープローブ及びそれを用いた測定システム

開放特許情報番号
L2011004484
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2007-505994
出願日 2006/3/2
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2006/093209
公開日 2006/9/8
登録番号 特許第4485571号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 ヘテロダインレーザドップラープローブ及びそれを用いた測定システム
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 高効率光励振レーザドップラープローブ
目的 光励振効率と、速度計測効率の両立を実現することができるヘテロダインレーザドップラープローブ及びそれを用いた測定システムの提供。
効果 本技術によれば、光励振用第1の光路又は光ファイバー、計測用第2の光路又は光ファイバーをそれぞれ設けることにより、測定対象物の効率の良い光励振と速度計測が可能となる。
技術概要
本技術のヘテロダインレーザドップラープローブは、励振光を導く第1の光路と、計測光を導く第2の光路と、第1の光路と第2の光路とが並設され、第1の光路と第2の光路とが光学的に結合されるとともに、構造的に一体化されるプローブ本体と、このプローブ本体内に配置される反射ミラーと、プローブ本体内に配置されるビームスプリッタと、プローブ本体内に配置される焦点レンズと、プローブ本体内に配置される1/4波長板とを備えている。第1の光路から出射された励起光はプローブ本体内の反射ミラーとビームスプリッタとを経て、焦点レンズから測定対象物へ導かれ、一方、第2の光路から出射された計測光はプローブ本体内の1/4波長板を通過した後、ビームスプリッタと焦点レンズを経て測定対象物へ導かれ、この測定対象物で反射した計測光は、焦点レンズ、ビームスプリッタを経て、1/4波長板を通過した後、第2の光路を経てヘテロダインレーザドップラー計測装置へと戻るようにしている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT