画像処理装置、方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2011004459
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2015/11/9

基本情報

出願番号 特願2007-211878
出願日 2007/8/15
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2009-048301
公開日 2009/3/5
登録番号 特許第4628406号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 画像処理装置、方法およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 入力画像に対して解像度変換
目的 画像の修整に要する時間を短縮し、しかも修整の精度を向上させることができる画像処理装置、方法およびプログラムの提供。
効果 画像に含まれるエッジの向きを検出してその方向に合わせて補間処理を行うことにより、補間位置に対してエッジの向きに存在する画素の影響を直接反映させた補間処理を行うことができ、画像の倍率を変更する際に生じる画質の劣化を防止することができる。特に、x軸に沿った画素位置をそのまま用いることにより、エッジ方向に沿って配置された各画素の影響をより正確に補間処理に反映させることが可能となる。
技術概要
本技術の画像処理装置は、修整対象となる画像を表示手段にて表示し、利用者の指示に応じて、表示手段によって表示された画像に含まれる修整箇所を、修整方向とともに修整指示手段にて指示し、修整指示手段によって指示された修整箇所に対応する部分画像に対して、修整指示手段によって指示された修整方向に沿った補間処理を行う第1の補間処理手段とを備えている。また、画像の入力を行う画像入力手段と、画像入力手段によって入力された画像に対して補間処理を行う第2の補間処理手段とをさらに備え、表示手段は、第2の補間処理手段による補間処理によって得られた画像を修整対象となる画像として表示することが望ましい。また、上述した画像入力手段によって入力された画像に含まれる2×2画素の濃度勾配に基づいてエッジの方向を検出するエッジ方向検出手段をさらに備え、第2の補間処理手段は、エッジ方向検出手段によって検出されたエッジの向きに並ぶ4×4画素の画素値を用いて補間処理を行うことが望ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT