金属酸化物電極触媒

開放特許情報番号
L2011004410
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2006-531843
出願日 2005/8/18
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2006/019128
公開日 2006/2/23
登録番号 特許第4712711号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 金属酸化物電極触媒
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 酸素還元用電極触媒
目的 固体高分子電解質膜を用いる燃料電池の酸素ガス拡散電極用の電極触媒、すなわち酸素極触媒の提供。
効果 本技術の耐食性酸素還元用電極触媒は、酸性電解質に接触して用いて広い電極電位において高い耐食性を持ち、かつ酸素還元用触媒能を有する。
技術概要
 
本技術の電極触媒は、酸素欠損を有するZrO↓2、Ta↓2O↓5、Nb↓2O↓5、SnO↓2、TiO↓2、V↓2O↓5、MoO↓3のうち、少なくとも一つの遷移金属酸化物を主触媒として用いる。これらの金属酸化物は、金属原子と酸素原子の吸着結合エネルギーが大きい。固体高分子形燃料電池の酸素還元用触媒、すなわち酸素極触媒として酸性電解質中において安定であるためには、吸着結合エネルギーが550kJ/mol以上である必要がある。Fe、Co、Niは吸着結合エネルギーが400〜500kJ/mol台で、Zr、Vと比較すると小さく、実際に酸性電解質中で活性に溶解するため、不安定である。また、貴金属系酸化物は吸着結合エネルギーが小さく不安定である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT