微小液滴の生成方法及び装置

開放特許情報番号
L2011004373
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2006-511190
出願日 2005/3/15
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2005/089921
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第4777238号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 微小液滴の生成方法及び装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ダブルエマルション・マイクロカプセル
目的 先行技術をさらに発展させて、その微小液滴の生成に関して、種々の態様の微小液滴の生成方法及び装置の提供。
効果 本技術の微小液滴の生成方法及び装置は、遺伝子分野や医薬分野でのマイクロカプセルの生成のツールとして利用可能である。
技術概要
この技術では、マイクロチャネルの十字構造の交差部を利用して、一定間隔でサイズの揃った微小液滴の列を生成する。つまり、第1の分散相の第1のシリンジポンプ(流量可変送液装置)と第2の分散相の第2のシリンジポンプ(流量可変送液装置)とを交互に作用させて、第1の分散相と第2の分散相を互いに等しい流量にて送液することにより、適当な連続相の流量において、十字構造の交差部でサイズの揃った成分の異なる微小液滴が規則正しい周期で交互に生成させる。また、種々の態様の微小液滴、特に、ダブルエマルション・マイクロカプセルを簡便にしかも容易に作製することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT