回折格子分光器

開放特許情報番号
L2011004345
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2011/9/2

基本情報

出願番号 特願2009-259461
出願日 2009/11/13
出願人 独立行政法人 日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2011-106842
公開日 2011/6/2
発明の名称 回折格子分光器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 回折格子、多層膜ラミナー型回折格子
目的 単純な構成で広い波長帯域から単色光を出力することのできる分光器の提供。
効果 本技術によれば、単純な構成で広い波長帯域から単色光を出力することのできる分光器を得ることができる。
技術概要
本技術の単色計(回折格子分光器)においては、回転中心を中心とした点対称な位置に入射側回折格子と出射側回折格子とが配置されている。入射側回折格子の回折面と出射側回折格子の回折面とは平行かつ対向するように配置される。軟X線である入射光は、入射側回折格子の回折面で回折された後で再び出射側回折格子の回折面で回折される。入射側回折格子と出射側回折格子とは、回転中心に対して対称な位置に設置されており、かつ、入射側回折格子、出射側回折格子、及び回転中心の位置関係は固定されている。また、これらが固定された構造は、回転中心の回りで回転できるような回転機構が用いられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT