天然の抗酸化飲料水の製造方法

開放特許情報番号
L2011004337
開放特許情報登録日
2011/9/2
最新更新日
2011/9/2

基本情報

出願番号 特願2000-220933
出願日 2000/7/21
出願人 大谷 正利
公開番号 特開2002-035770
公開日 2002/2/5
登録番号 特許第3721554号
特許権者 大谷 正利
発明の名称 天然の抗酸化飲料水の製造方法
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 渓流水、備長炭、ミクロフィルター、抗酸化力
目的 渓流水を備長炭を敷いた貯水槽を通してミクロフィルターで濾過して、自然水を造り竹れきをブレンドして抗酸化飲料水を造る方法の提供。
効果 本技術によれば、構成物をペットボトルに取り金属を入れ9ケ月後でも錆びない。末期ガン患者に飲料水としてあたえているが自宅療養出来ている。花粉症の人は、症状が出なかった。糖尿病の人は、血糖値が正常になった。健康体の人は、体調がよく精神的にも安定してくる。入院患者の飲料水としてすぐれている。
技術概要
この技術では、貯水タンクに渓流水を入れ、備長炭で濾過する。ミクロフィルターで濾過し、容器に濾過水を入れる。釜で孟宗竹を傾斜しておく。三連ガスで左側から順次焼いていく。発火を防ぐための適時フォグノズルで冷却する。容器に竹れきをとる濾斗へ竹れきを入れ活性炭ストレーナで濾過する。沈殿物ストレーナで濾過。容器に精製竹れきをとる。濾過自然水に精製竹れきをとりブレンドする。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大谷 正利

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT