直接液体燃料型燃料電池

開放特許情報番号
L2011004315
開放特許情報登録日
2011/8/26
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2011-115931
出願日 2011/5/24
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-243724
公開日 2012/12/10
登録番号 特許第5740680号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 直接液体燃料型燃料電池
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 直接液体燃料型燃料電池、及び該燃料電池用負極触媒
目的 安全性が高く取り扱いが容易であって、触媒コストが低く、しかも優れた性能を有する新規な燃料電池を提供する。
効果 固体状態で軽量・安全に運搬・貯蔵することができ、簡単な方法で燃料電池用の液体燃料とすることができる。
OH↑-イオンを伝導イオンとすることができ、固体電解質におけるイオンの伝導が促進され、しかも正極におけるNH↓3の放出という問題点を回避することができる。
ニッケル金属を主体とする金含有ニッケルを負極用触媒とすることによって、触媒コストを大幅に低減できる。
安全性が高く非常に利便性が良く、しかも安価な燃料電池であって、高い起電力で作動する高性能の燃料電池を得ることができる。
技術概要
正極、負極、および該正極と該負極との間に配置された電解質膜を含む固体高分子形燃料電池であって、
該電解質膜が陰イオン交換膜であり、
該負極用触媒が、表面の少なくとも一部が金により置換されたニッケルであり、
該負極に供給される燃料が、
化学式:R↓nNH↓(3−n)B↓mH↓(2m+1)
(式中、Rは一価の炭化水素基であり、nは0〜3の整数であり、mは1又は3である。但し、2個又は3個のRが相互に結合して、窒素原子と共に含窒素環状構造を形成しても良い。)で表されるアミンボラン化合物の水溶液である直接液体燃料型燃料電池。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT