薄膜シリカガラスコート量子ドットからなる蛍光性微粒子及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011004314
開放特許情報登録日
2011/8/26
最新更新日
2015/10/27

基本情報

出願番号 特願2013-516320
出願日 2012/5/17
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2012/161065
公開日 2012/11/29
登録番号 特許第5709188号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 薄膜シリカガラスコート量子ドットからなる蛍光性微粒子及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、輸送、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 蛍光性微粒子、並びにその作製法及び応用
目的 耐久性が高くて小さく、また高輝度の量子ドット蛍光性微粒子を提供する。さらに、それをバイオ分野の蛍光試薬、電子材料分野等に応用するための手法を示す。
効果 本発明の蛍光性微粒子は、耐久性がある量子ドットをさらに薄いシリカガラス薄膜で覆っている。また、もとの発光効率を保つための工夫もされている。本発明の蛍光性微粒子は、全体の粒径が15nm以下であるため、蛍光試薬として広い分野への応用が可能である。
技術概要
Cd及びSeを含む量子ドットが、平均膜厚3nm以下のシリコンアルコキシドからなるシリカガラスを含む薄膜でコートされてなる蛍光性微粒子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT