動画処理装置及び動画処理方法

開放特許情報番号
L2011004256
開放特許情報登録日
2011/8/26
最新更新日
2015/11/5

基本情報

出願番号 特願2008-227630
出願日 2008/9/4
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2010-062957
公開日 2010/3/18
登録番号 特許第5042172号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 動画処理装置及び動画処理方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 映像信号変換システム
目的 鮮明で円滑な動きの映像表示を行うことができ、コンテンツ通信や画像の検索に有効な動画処理装置及び動画処理方法の提供を目的とする。
効果 映像を鮮明化することができ、従来困難であった不鮮明画像を視認することができるようになる。また、画像のエッジを強調することができ、よりクリアーなビデオ映像とすることができる。
技術概要
この発明は、フルーエンシ函数化処理に基づく、輪郭、濃淡、フレーム間情報の近似により、高圧縮、高精細な画像圧縮、再生を行う。 動画処理装置は、入力画像について、フルーエンシ理論に基づいて対応点推定を行い、画像の動き情報を函数化して表現する第1の函数化処理部と、入力画像について、フルーエンシ理論に基づいて信号空間を選択し、選択した信号空間毎に画像情報を函数化して表現する第2の函数化処理部と、第1の函数化処理部により函数化して表現された画像の動き情報と、第2の函数化処理部により函数化して表現された信号空間毎の画像情報を所定の形式で記述して符号化する符号化処理部とを備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT