皮膚透過ガス収集装置

開放特許情報番号
L2011003962
開放特許情報登録日
2011/8/19
最新更新日
2015/11/3

基本情報

出願番号 特願2006-158885
出願日 2006/6/7
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2006-234843
公開日 2006/9/7
登録番号 特許第4057039号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 皮膚透過ガス収集装置
技術分野 電気・電子、機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 皮膚透過ガス収集装置
目的 人の健康状態を知るための臨床項目としては、血液と人の代謝物が主に用いられてきたが、唾液や呼気ガスも対象になりつつあり、また汗も将来含まれるだろう。これらの呼気ガス、唾液、汗中の成分は、血液の成分に依存しており、その両者の間には量的な相関が認められ、これら非侵襲の代謝物が在宅医療や健康管理の方面に利用されると思われる。かかる皮膚透過ガスによる臨床測定や人の健康状態を調べる測定器は存在しておらず、非侵襲・非観血による臨床的な情報を得て、在宅医療や健康管理に寄与することができる装置の提供を目的とする。
効果 非侵襲・非観血による臨床的な情報を得て、在宅医療や健康管理に寄与することができる。 皮膚表面から発散される皮膚透過ガスを簡便に収集し、ガスの種類や量を分析することができる。
技術概要
先端にコック22を有する指サック21と、コック22に接続可能なストップコック24をもった注射器23を用意する。 指サック21を指26に装着する。 次に、ストップコック24を開口して、コック22を開口して注射器23からガス(乾燥空気)を導入し、指サック21が膨らんだ状態にした後密封しストップコック24を閉じる。 そこで、被験者の指26から皮膚透過ガスを採集する。 皮膚透過ガスを採集できたら、その皮膚透過ガスをストップコック24を開口して、コック22を介して注射器23へ回収する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT