熱帯熱マラリアワクチン候補分子

開放特許情報番号
L2011003905
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2013/11/29

基本情報

出願番号 特願2009-532271
出願日 2008/9/12
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 WO2009/035160
公開日 2009/3/19
登録番号 特許第5354542号
特許権者 国立大学法人 長崎大学
発明の名称 熱帯熱マラリアワクチン候補分子
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 マラリア原虫GPI8Pトランスアミダーゼ遺伝子、マラリアワクチン
目的 強力且つ調製が簡易な新たなマラリアワクチンの提供。
効果 強力且つ調製が簡易な新たなマラリアワクチンが提供される。特に、GPI8Pトランスアミダーゼの部分ペプチドを発現し得る発現ベクターは、マラリアに対するDNAワクチンとして顕著な効果を示すことから、従来のサブユニットワクチンよりもより安価で安定なマラリアワクチンとして有用である。
技術概要
 
この技術では、(1)マラリア原虫GPI8Pトランスアミダーゼのアミノ酸配列を含むポリペプチド、(2)マラリア原虫GPI8Pトランスアミダーゼの部分アミノ酸配列を含むポリペプチドであって、部分アミノ酸配列が6アミノ酸以上の長さを有し、且つ免疫原性を有する、ポリペプチド及び(3)(1)又は(2)のポリペプチドを発現し得る発現ベクターから選択されるいずれかの物質を含むマラリアワクチンを提供する。部分アミノ酸配列が、マラリア原虫GPI8Pトランスアミダーゼのアミノ酸配列の第17−240アミノ酸の領域内に含まれることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT