カロリー制限模倣物のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2011003898
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2015/1/21

基本情報

出願番号 特願2009-189136
出願日 2009/8/18
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2011-036223
公開日 2011/2/24
登録番号 特許第5652755号
特許権者 国立大学法人 長崎大学
発明の名称 カロリー制限模倣物のスクリーニング方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 カロリー制限模倣物、スクリーニング、ベクター、キット
目的 カロリー制限と同様の効果をもたらし得るカロリー制限模倣物およびその標的分子を用いたカロリー制限模倣物のスクリーニング方法の提供。
効果 カロリー制限による寿命延長効果をもたらす複数の遺伝子の転写を活性化させ得るカロリー制限模倣物のスクリーニングが可能となる。
技術概要
 
この技術では、(A)以下の(a)〜(d)から選択されるいずれか1つのヌクレオチド配列、(a)配列番号1〜4から選択されるいずれか1つで表されるヌクレオチド配列、(b)配列番号1〜4から選択されるいずれか1つで表されるヌクレオチド配列において、1若しくは複数のヌクレオチドが欠失、置換、挿入または付加されたヌクレオチド配列、(c)配列番号1〜4から選択されるいずれか1つで表されるヌクレオチド配列に少なくとも70%の同一性を有するヌクレオチド配列、及び(d)(a)〜(c)に記載の配列に相補的なヌクレオチド配列(B)プロモーター、並びに(C)レポーター遺伝子を含み;プロモーターが、レポーター遺伝子の転写を駆動し得るように、レポーター遺伝子の5’側に連結しており;且つ(A)のヌクレオチド配列が、プロモーターによるレポーター遺伝子の転写を調節し得るように、プロモーターの5’側に連結している、レポーターベクターを提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT