脂溶性カテキンの製造方法

開放特許情報番号
L2011003880
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2014/1/27

基本情報

出願番号 特願2008-271335
出願日 2008/10/21
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2010-100540
公開日 2010/5/6
登録番号 特許第5413879号
特許権者 国立大学法人 長崎大学
発明の名称 脂溶性カテキンの製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 脂溶性カテキン、脂溶性プロアントシアニジン
目的 簡易な手法で、カテキンまたはプロアントシアニジンなどの活性を保ちつつこれらの化合物を脂溶性にすることが可能な、脂溶性カテキンまたは脂溶性プロアントシアニジンの製造方法の提供。
効果 カテキンまたはプロアントシアニジンの活性を保ちつつ、脂溶性を高めたカテキン誘導体またはプロアントシアニジン誘導体を、極めて容易に製造することができる。
技術概要
この技術では、カテキンまたはプロアントシアニジンと、式(I)(式中、R↑1は、炭化水素基を示し;R↑2は、水素または炭化水素基を示し;R↑3は、水素または炭化水素基を示し;R↑4は、水酸基を示し、あるいはR↑3およびR↑4は、一緒になってケト基を示す)で表される化合物(以下、化合物(I)と記載する)とを反応させることを特徴とする、脂溶性カテキンまたは脂溶性プロアントシアニジンの製造方法を提供する。混合後、さらに80℃〜120℃で加熱することが好ましい。さらに酸を加えることが好ましい。酸が、クエン酸であることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT