Fe基合金及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011003870
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2011/8/12

基本情報

出願番号 特願2008-003579
出願日 2008/1/10
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2009-166049
公開日 2009/7/30
発明の名称 Fe基合金及びその製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 Fe基合金、結晶微細化方法
目的 接種剤の均一な分散を可能にし、結晶粒が微細化されたFe基合金及びその製造方法の提供。
効果 オーステナイト系のFe基合金中に均一にNbC結晶粒が分散し、微細結晶化したオーステナイト系のFe基合金を提供することができる。このオーステナイト系のFe基合金は、微細結晶化されて機械的特性が向上するので、各種用途に適用して好適なものとなる。
技術概要
この技術では、Fe基合金は、溶解したオーステナイト系のFe基合金に、接種剤としてFeにNbC結晶粒を分散したFe−Nb−C合金が添加され、接種剤のFeが溶解した後の冷却過程で分散されているNbC結晶粒を核としてFe基合金が成長して微細結晶化されて成るものとする。また、Fe基合金の製造方法は、オーステナイト系のFe基合金を溶解する工程と、溶解したFe基合金に、接種剤としてFeにNbC結晶粒が分散されたFe−Nb−C合金を添加する工程と、接種剤を添加したFe基合金を攪拌する工程と、冷却して、分散されているNbC結晶粒を核としてFe基合金を成長させる工程とを有するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT