感情評価方法および感情表示方法、並びに、それらのための、プログラム、記録媒体およびシステム

開放特許情報番号
L2011003869
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2011/8/12

基本情報

出願番号 特願2007-540234
出願日 2006/10/13
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 WO2007/043712
公開日 2007/4/19
発明の名称 感情評価方法および感情表示方法、並びに、それらのための、プログラム、記録媒体およびシステム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 感情評価方法、感情表示方法、顔画像、顔サーモグラフィー、乳児
目的 乳児などの従来感情を表現することが困難な被験体の顔画像を用いた、乳児感情翻訳機の開発。
効果 乳児など、感情表現ができないかまたは困難な被験体の感情を容易に判定することができる。このような感情翻訳機を用いることによって、例えば、医療用(小児科、精神科など)、および携帯端末などを用いて、感情表現に基づく商用サービスを展開する際に使用することができる。
技術概要
この技術では、被験体の感情評価方法は、顔データを取得する取得ステップと、取得された顔データを、被験体の顔と感情との相関関係情報を含む顔感情データベースと比較して評価スコアを出す評価ステップと、評価スコアから感情を判定する判定ステップと、を包含する。評価ステップにおいて、先に顔データを規格化し、規格化された顔データを顔感情データベースと比較して評価スコアを出すものであることが好ましい。規格化は、ガボールフィルタを用いることによって達成されることが好ましい。評価ステップにおいて評価スコアを出す処理は、被験体に対応するデータベースに基づいて行われることが好ましい。被験体は、感情を言葉で表現できない被験体を含む。被験体は、乳児、言葉を話せない聾唖者、寝たきり患者および認知症患者からなる群より選択されるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT