肺音収集装置及び肺音収集方法

開放特許情報番号
L2011003852
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2011/8/12

基本情報

出願番号 特願2006-008970
出願日 2006/1/17
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2007-190081
公開日 2007/8/2
発明の名称 肺音収集装置及び肺音収集方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 肺音収集装置、肺音収集方法
目的 肺音収集を行う際の呼気及び吸気のタイミングの指示が良好に行える肺音収集装置及び方法の提供。
効果 誰にでも非常に判り易い形態で簡単に吸気のタイミングと呼気のタイミングを指示できるようになる。膨張や収縮する期間及びサイズを適正に設定することで、被測定者に対して比較的大きく呼気したり吸気したりするように指示する、的確かつ良好な指示が可能になる。
技術概要
この技術では、被測定者の肺音を収集する場合において、所定形状の画像を表示させ、その表示された画像の形状の膨張と収縮とを繰り返えし実行させ、画像の膨張中に入力された肺音のデータを、吸気音のデータとして扱い、画像の収縮中に入力された肺音のデータを、呼気音のデータとして扱う。画像が膨張中から収縮中に変化するタイミングと、画像が収縮中から膨張中に変化するタイミングで、画像の形状が停止する期間を設け、その画像の形状が停止する期間内に、呼気音のデータと吸気音のデータとの境界を設けるようにすることが好ましい。また、画像の形状の膨張中には、画像が最大に膨張する位置を表示させ、収縮中には、画像が最小に収縮する位置を表示させることが好ましい。また、現在の表示が何回目の膨張と収縮であるかを示す回数表示と、画像の膨張と収縮を行う最終回数を示す回数表示の、いずれか一方の回数表示又は双方の回数表示をさせることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT